ヘッダー画像

処方箋なしで購入できるケトコナゾールと0.01%の脱毛リスク

ケトコナゾールは白癬(水虫)やカンジダ症などを治療するために有効なイミダゾール系抗真菌薬です。
真菌というのはカビのことですが、白癬(水虫)やカンジダ症はカビが皮膚に発生した状態なのです。
ケトコナゾールは非常に強い抗真菌活性作用があるのが特徴で、また抗真菌スペクトルも幅広いので、様々な真菌に対して効果的に働きます。_x000D_

薬理は真菌がもっているエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜が生成されることを阻害するために、ケトコナゾールがそのエルゴステロールの生合成を阻害していきながら殺菌的に作用します。
効き目はよく、副作用が比較的少ないのですが、飲み薬を服用して髪の毛が抜けるという副作用が報告されていることで心配されている方があるようです。
ただ、髪の毛が抜けると報告しているのは全体のわずか0.01%です。
0.01%というのは10,000人に1人という割合ですから、それほど気にする必要もないと思われます。0.01%でも心配な方は服用を控えた方が良いでしょう。_x000D_

また、ケトコナゾールのジェネリック薬品も入手することが可能です。
ジェネリック薬品の魅力は格安な価格で正規品と同様の効果を得ることができることです。
ケトコナゾールの購入方法はインターネットの通販サイトを利用すると簡単です。
通販サイトのメリットは医師の処方箋が必要ないことです。通常薬局に薬を購入する場合は医師の処方箋が必要になります。
処方箋を出してもらうためには診察を受けなければなりませんから、その分手間と費用がかかります。
しかし、ネット通販の場合はその手間も費用も発生しないのです。しかも、ネット通販は割引価格で販売しているのさらにお得になります。