ヘッダー画像

Archive: 2018年

  • 原因菌により治療法が抗真菌薬かゲンタシンか分かれる

    皮膚に異常があらわれたときには、それが細菌によるものかどうか見極める必要があります。 水虫などを引き起こす白癬菌はカビの一種であり抗真菌薬なら有効性がありますが、アミノグリコシド系抗生物質であるゲンタシンは効きにくいことが多いため、塗り続け...記事の詳細

  • 水虫に効く抗真菌薬と漢方薬、注意したいタオルの使用

    水虫は白癬菌という真菌の一種が感染して起こります。真菌は細菌よりも高等なカビの仲間で、皮膚の表面で繁殖するだけなら外用薬で治療できます。しかし爪の中などへ入り込んでしまうと、内服薬が必要になる場合もあります。 代表的な抗真菌薬には、ポリエン...記事の詳細

  • 抗真菌剤の購入方法

    抗真菌剤を購入するのであれば、効果に応じて市販と処方のどちらかを選ぶ事になります。水虫薬は、市販の中でも入手性が高い抗真菌剤で、手軽に入手可能でありながら効果は高いといえます。 ただ、皮膚の表面に使う物なので、体の内側から治療したい場合には...記事の詳細

  • 抗真菌剤の効果が出始めるまで

    抗真菌剤の効果が出始めるまでというのは、どの種類を利用するかによっても異なります。外用薬の抗真菌剤を使って、地道に治療をしていくのであれば、最初の7日間ほどの期間は皮がむける時です。 そして継続的に抗真菌剤の外用薬を使用することで、7日間か...記事の詳細

  • 家族に水虫持ちがいる場合は要注意

    「家族に水虫がいると感染する」と言われています。それほど家族への感染は簡単に起こってしまう病気なのです。 水虫の原因菌は白癬菌というカビの一種です。水虫への感染は足が不潔だったというような明確な理由はなく、白癬菌がいるところにたまたま足があ...記事の詳細

  • 処方箋なしで購入できるケトコナゾールと0.01%の脱毛リスク

    ケトコナゾールは白癬(水虫)やカンジダ症などを治療するために有効なイミダゾール系抗真菌薬です。 真菌というのはカビのことですが、白癬(水虫)やカンジダ症はカビが皮膚に発生した状態なのです。 ケトコナゾールは非常に強い抗真菌活性作用がある...記事の詳細

  • ケトコナゾールで白癬菌を倒す

    ケトコナゾールはイミダゾール系の表在性抗真菌薬です。真菌とはカビの一種で、そのうち皮膚の表面に寄生し水虫と言われる皮膚疾患を引き起こす物を白癬菌と言います。 他にもカンジダ菌なども皮膚疾患を起こす真菌の一種です。ケトコナゾールはこういった...記事の詳細

  • イトリゾールより効果が持続する、イトリゾール内用液

    イトリゾール内用液に含まれる有効成分はイトラコナゾールと言われる抗真菌薬の一種です。そもそも真菌とは、カビの仲間で水虫や白癬菌によって起こる心筋症に対して処方されています。 イトリゾールは商品の名前で、イトリゾール内用液以外にもイトリゾー...記事の詳細